初心者コロシの『Fコード』を簡単に!5分で理解するギター弾き語り③


Fコードで挫折するギター初心者がおおい!

コードってそもそもなんだっけ?

簡単に言うとコードとは音の集まりです。
おおよそコードには大きく分けてアルファベットA〜Gまで種類があり、
それにメジャー、マイナーなどの記号がついてきます。
実は世の中のほとんどの音楽はこのコードの組み合わせでできているんです。

つまりコードを順番に鳴らせば簡単に伴奏ができてしまう訳です。

上の2つの画像は『Fコード』を表しています。
1枚目が実際に抑えたFコードの写真、
2枚目がコードを図に表した指板図というものです。
2枚の画像を比べてみると
このコードがなかなか曲者で他のコードに比べて抑えるのが難しい上に頻繁に登場してきます。
ギター弾き語りで色んな曲を弾けるようになるためにはFコードは重要になってきます。

例えばぼくがギター初心者を教える時にはよく使う「ハッピーバースデーの歌」。
この曲はコード3つで弾けてしまう簡単な曲です。
使うコードは
・Cコード
・Gコード
Fコード

こんな簡単な曲にもFコードが登場します笑
もちろんFコードが出てこない曲はありますが弾けるに越したことはありません。
せっかくなのでチャチャっと一番はじめに弾けるようになってしまいましょう。

なぜFコードが難しいと言われるのか

先ほどから述べている通り、Fコードは初心者にとって結構厄介です。
それは人差し指で全部の弦を押さえないといけないセーハ(バレー)と呼ばれる指の形が
必要になってくるからです。

このセーハの形はなかなか初心者にはきついです。
指の柔らかい腹の部分で全ての弦を抑える必要がある為、痛いしキツイし難しいです。
ここで多くのギター初心者が諦めてしまい、せっかく買ったギターがただのインテリアに化す訳です。
個人的に弾けないのに部屋にギターを飾っている男子大学生ほどイタいものはないと思っています。
(ぼく自身も弾けないのにヴァイオリンを飾っていた経験あり)

さて、大事なのはギターを楽しく弾き続けることです!
こんな難しいFコードはぶっ壊しちゃいましょう!

めちゃくそ簡単なFがこれだ!

思いっきりDm7と書いてありますがこれで良いんです。

下のFコードの画像と見比べて見てください。
実は苦労して抑えたFコードの※上から3つの弦とDm7の上から3つの弦は抑えているところが一緒なんです。

※実際のギターで見た細い方から3本のこと

細かいことは抜きにして、Fコードが出てきたときはこの簡単なFコードを弾きましょう。
注意する点は、太い側3本の弦は弾かないようにすること。
太い側3本を弾いてしまうと別の音(Dm7)になっちゃいます。

メモ:この簡単Fコードを弾く場合は細い方から3本だけを鳴らす!

これでFコードを鳴らせるようになれば初心者弾き語りの50パーセントくらいは攻略したようなもの。
どんどん練習しましょう!

詳しくは動画でも解説をしていますので
是非合わせて確認して見てください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です