田舎で3ヶ月暮らした後福岡に来てみて思うこと



高知に移住して3ヶ月、一度福岡に帰ってみることにしました。
福岡でやったこと
・レンタカーを借りてドライブをする
・友人と会う
・飲みに行く
・起業家シェアハウスの見学
久しぶりに福岡で色々とやってみて思ったことをまとめてみようと思います。
いいところ、悪いところ抜きで感じたことのみ紹介して行きます。

人が多い

福岡市は高知県に比べてやはり人が多いです笑
どこに行っても人ばかり、特に活動する時間を間違えてしまうと
通勤ラッシュや帰宅ラッシュに巻き込まれ非常に不快な思いをすることになります。
個人的にはこの点が都会にすむ1番のネックだと思いますね。
僕が移住を決めた点も人の多さにありました。

あとは飲食店に入っても人ばっかりでなかなかくつろいだ気にならないですね。
この点は田舎に引っ越して正解だと思いました。

 

公共交通機関が充実している

都会と田舎の大きな違いの一つとして公共交通機関が充実している点があります。
福岡は特に交通の面は便利ですね!
地下鉄で市内のどこにでも移動できる点は大きな魅力ですね。人は多いけど。
620円の一日乗り放題券があれば結構どこにでも移動できます。

一方僕が住んでいる高知県宿毛市では車がないと話になりません。
移動するには基本車。
田舎はどこもそうですよね。
しかし一度車さえあれば時間を気にせずどこでもいけるのでとても便利ではありますが。
ちなみに田舎にも電車やバスはありますが圧倒的に本数が少ないことと
料金が割高です。
交通の面では都会に勝てませんね。

遊ぶのにお金がかかる

田舎では遊ぶことにほとんどお金がかからないイメージです。
少なくとも僕が田舎で遊ぶとしたら下のような感じ。
・海、川で泳ぐ
・釣り
・ものづくり
・ギター弾く
・スケボー
・ホタル探し
・キャンプ
・家で集まって料理作る

などなど
基本遊び自体にお金はかかりません。
こういう遊びが好きな人は田舎に向いていますね。

一方都会で友人と遊ぶとしたらどうでしょうか。
僕の場合こんな感じでした。
・飲み
・外食
・カラオケ
・テーマパーク
・買い物
・映画館
などなど

どれもお金がかかる遊びばっかりですね。
特に飲み会などは一回3〜4000円かかります。
下手したら田舎の1週間の食事代くらいかかってます。
田舎で飲み会が無いというわけでは無いですが。

都会での遊びは基本的に作られたサービスで遊ぶということが多いです。
例えば都会で歌いたいなら基本はカラオケ、田舎ならギターひいて歌うなど。
田舎は作られた娯楽サービスが非常に少ないので
レジャースポーツをするか自分で遊びを生み出す必要があります。
僕は特に遊びを作り出す能力に長けているので田舎向きなんですよね。

皆忙しい

都会に来て思うのは友人はたくさんいるのにみんな結構忙しくてアポを取るのが難しいです。
あとは基本的に公共交通機関に依存しているので夜中にちょろっと車で集合みたいなことが少なく
休みが合わないとなかなか遊びづらい感覚があります。
特に周りがサラリーマンばっかりという場合は土日に会うしかなくなり、人がうじゃうじゃいる中
窮屈に遊ぶということしかできなくなりますね。

道路は走りやすいが車が多い

福岡でドライブをしてみて思ったのが
道路自体はかなり綺麗に整備されていて走りやすい印象。
道も広いですね。
気になった点はやはり車の多さ、人口が多い分車も多く注意が必要。
時間帯によっては本当に運転することを避けた方がいいくらい車が多いです。

一方高知宿毛市は車の量は福岡に比べ少ないものの、路面が老朽化している箇所が結構目立ちます。
あとは車線が基本1車線なので追い越しが目立ちます。
運転するにはどちらも良さ悪さがある印象でした。

都会は面白い人が集まる

今回は友人がマネージャーをしている起業家シェアハウスを見学に行って来たのですが
シンガーソングライターやブロガーなど面白そうな人が集まっていました。
都会の良さはこう行った魅力的な人がたくさん集まっている点だと思います。
数については田舎は敵わないと感じました。

まとめ

都会は時間もお金も取られる印象。
田舎はお金がかからないけど不便。
不便さを楽しむなら田舎、便利さを優先するなら都会。
人混みが気になるなら田舎、人混みが気にならないなら都会。

環境が結構違うのでやりたいことに合わせて住み替えて見るのもいいかもしれないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です