動画の使い道ってどんなものがあるの?

動画の使い道ってどんなものがあるの?

この記事でわかること

「動画を作るのはわかったけど、どうやって使えばいいの」と悩んでいませんか?
この記事ではたくさん存在する動画の使い道の中からおすすめを提案します。

動画制作を勉強する前に、何のために動画を作るのかをしっかり理解しておきましょう。

1社会的に動画が注目される傾向に


デジタル産業領域における市場調査を行っているデジタルインファクト社の調査によると
2020年の広告主の動画広告予算は増加傾向にあるとされています。


前年と比較して、広告主の動画広告予算が、2019年に「増えた」という回答の割合は、58.3%となった。また、2020年の動画広告予算が「増える」という回答の割合は、61.1%となった。

https://digitalinfact.com


広告主がより動画広告の価値を理解して、動画に予算をかける動きが広まっているということですね。
動画広告の予算が増えれば、必然的に制作側、つまり動画クリエイターの稼ぎにも繋がってくるわけです。
ちょっと難しい内容ですが、
雑に言うと「動画はアツい」そして「社会の注目が集まっている」ということです!

2動画の活用方法とは?

さて本題に入りますが、
動画と一言に言ってもさまざまな種類や使い道があります。

今回はその一部を解説していこうと思います。

【会社紹介動画として】

スタイリッシュな映像で企業をよりカッコ良く魅せる、
実写やアニメーションを活用して企業の魅力を伝える動画。
ホームページに掲載したり外部顧客や自社の採用イベントなどに活用できます。

その他の例
・新装開店案内
・会社案内
・新卒中途採用
・展示会
・ブランディング
・施設紹介

【商品紹介、営業ツールとして】

「百聞は一見にしかず」
言葉で何度も説明するよりも、一回動画を見せたほうがより相手に伝わりやすいですね。
動画を営業シーンで活用することにより、直感的に商品の良さを理解することができます。
また営業マン個人個人の力量の差を動画を使って補うことができます。


【教材として】

動画は教育やチュートリアルにも役立ちます。
便利情報を紹介するノウハウや

・ハウツー
・セミナー
・授業アーカイブとして
・Eラーニング
・マニュアル、研修


【記録として】


・結婚式
・イベント、行事
・自分史


どうやって届ける?
・HP
・SNS広告
・youtube,vimeo
・QRコード
・DM
・メルマガ
・街頭広告
・テレビCM

3まとめ

動画はこれからも商品PR、採用の現場など、さまざまな場所で活躍していくメディアでしょう。