【mogrt形式】Premiereでモーショングラフィックテンプレートを簡単に使う方法

【mogrt形式】Premiereでモーショングラフィックテンプレートを簡単に使う方法

Adobe PremierePro(プレミア)でmogrtデータを簡単に使う方法

1そもそもモーショングラフィックテンプレートとは?

簡単に説明すると、プレミアのタイムラインに置くだけで
動きがついたタイトルやテロップの表現をすることができるテンプレートのことです。

mogrtデータはこんな感じの見た目です↓

mogrtデータはモーショングラフィックテンプレートを略したものです。
この中にAe(アフターエフェクツ)で作ったアニメーションテンプレートが入っているイメージです。

☆こういう時に便利

・動きのついたテロップで簡単に動画のクオリティを上げることができる!

・忙しくてテロップを1から作る暇がない時にタイムラインに配置するだけで使える!

・作業効率がアップ!

mogrt形式データを簡単にプレミアに取り込む方法

簡単です、プレミアを開いてmogrtデータをエッセンシャルグラフィックのタブにドラック&ドロップするだけ!

まずダウンロードしたmogrtデータを使用するにはファイルを解凍した後、プレミアのエッセンシャルグラフィックの参照というタブを開いてください。

そこにmogartデータをドラッグ&ドロップすると参照の中に表示され編集作業で使用することができます。

実際に使用する

mogrtデータを使うにはプレミアのエッセンシャルグラフィックのタブを開いて、タイムラインに置くだけ。

そしてテロップの場合は、テキストを変更することができます。

エッセンシャルグラフィックのタブの中にある、編集という項目を開いてみましょう

ここから文字を変更することができます。

エッセンシャルグラフィックの参照から先ほどのファイルを検索してタイムラインにドラッグ&ドロップしてください。

タイムライン上に置いたテロップを選択して、エッセンシャルグラフィックの参照を開きます。

その状態で文字の変更などの編集が行えます。

まとめ

エッセンシャルグラフィックは慣れるとものすごく便利です。

編集効率を上げたい方、初心者の方で簡単に動画のクオリティを上げたい方、オススメです。

最後に、テロップに関するご要望、ご意見等ありましたらtwitterにてご連絡いただけるとありがたいです!

@chiripoteto