【未経験から最短】YouTube動画編集で副業報酬を稼ぐまでのロードマップ案

動画で稼ぐ

まず前提として、この記事は動画編集でめちゃくちゃ稼いで人生逆転のような記事ではありません。

いち早く動画編集で副業収入を得たい方に向けて、最短で副業収入を得るためのロードマップを提案してみます。できるだけ再現性がある形で紹介できればと思います。

今の本業に加えて、「月5万円でも副収入ができたら少し生活が楽になるよね!」というコンセプトで書ければと。少しでも安定して副業収入が入ってくると、本業で働く時間を減らしたり、少し贅沢ができたり、貯金ができたりと生活がちょっと楽になります。

この記事は主に動画編集を始めたいと相談をしてくれた友人に向けて書いてみます、見て下さった方の何かヒントになれば幸いです。

この記事内容少しずつ増強していく予定です。ブックマークを忘れずに!

悩んでいる里原
悩んでいる里原

動画編集の副業がやりたい!何からすればいいの?

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

それでは実際に未経験から動画制作を始めて5年目の私が

動画編集副業のやり方の一例を紹介します。

高額スクールに行かなくてもスキルはつけられる?

悩んでいる里原
悩んでいる里原

じゃあまずはスクールに通おうかな!うーん50万か…

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

スクールに通うのは一度独学で勉強してみてからでも遅くないですよ!

YouTubeなどの無料の情報でも結構学べたりします。

動画編集初心者はどうしても最初は低単価になりがち。

「完璧に技術を身につけて実際の案件を受けよう」と思ってスクールに通って、

何十万も払ってスクールに行ったのに最初の報酬は¥3,000、、みたいな光景をよくみます。

生活を楽にしたいから副業をしているのに、これではちょっと微妙です。払った金額を回収するのにすごく時間がかかってしまいますよね。

いきなり数十万の高額スクールに入ろうとしているのをみると「ちょっと待って…」と思ってしまいます。(探せば安いスクールもあったりするよ!)

最初はどうしても低単価になりがち、それなら案件を受けながら勉強しよう

筆者が友人におすすめしたのは、「案件をやりながらスキルをつけたらいいじゃん」というもの。

そもそもなんで動画編集の副業が流行っているかというと、一つはYouTubeやTikTokが人気だから。
YouTubeチャンネルやTikTokアカウントをビジネスとして運営していきたい人が、ガンガン動画を投稿しています。

チャンネルオーナーはビジネスでやっているので、いくつもチャンネルを運営していたりします(※)
一人で複数チャンネルを運営するのは無理なので、編集を代行してくれる動画編集者はすごく重宝される存在になっているというわけです。

※あくまで一例です。

しかし、クラウドワークスやSNS等の募集は低単価からのスタートが多いです。


理由として、発注者も収益化できていないチャンネルの編集依頼をすることもあるため、最初は探り探りの低単価になるようです。あと最初の時期は良い編集者とマッチングするためのお試し期間みたいなものなのでいきなり高単価の依頼はクラウドソーシングサイトには転がっていません。

どのみち最初は低単価になるんだったら、この低単価の期間を利用して、実践的に勉強しながらスキルをつければいいじゃん!

悩んでいる里原
悩んでいる里原

ええ!いきなり編集依頼を受注するの?!

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

最初はどうしても低単価になりがちです、勉強期間に時間とお金をかけるほど

低単価の案件を受注するのがツラくなってしまいます。

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

それなら、できるだけ早い段階で案件を受注してしまって働きながらスキルをつけた方が効率が良いんじゃない?というのが私の意見です。

【1ヶ月目】Premiere Proの基礎を覚えてすぐにポートフォリオを作成しよう

さっそく案件を受けながら勉強していきたいのですが、その前に必要なことが2つ。

まずは基本のき、Premiere Proの使い方を最低限覚えておきましょう。でも完璧に覚える必要はありません。

「わからないことは調べたらなんとなくわかる」状態まで持っていければOKです。学習方法はYouTubeを活用しましょう。

YouTubeでコピペ検索して上位表示の動画2〜3本はみておこう

以下のワードをコピペして検索してみよう。
重複した内容は飛ばしながらでもOK!

「Premiere Pro 使い方」

「Premiere Pro 初心者」

「Premiere pro カット」

「Premiere pro テロップ」

「Premiere pro 書き出し」

無料でも動画で充分にPremiere Proの基礎的な使い方をマスターできます。ちょっと検索すればとても丁寧に作られた解説動画がたくさん無料で公開されています。

Premiere Proの基本をなんとなく覚えたら、早速案件を受注するためにポートフォリオ作りを始めましょう。

募集案件を探してそれに合ったポートフォリオを作成しよう

悩んでいる里原
悩んでいる里原

ポートフォリオってなに?

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

ポートフォリオはその人の実績や実力の証明になる、

いわばクリエイターの履歴書みたいなものですね!

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

案件を受注するにはこのポートフォリオが必須になってきます。

ポートフォリオをつくる前にクラウドワークス、ランサーズのサイトで「動画編集」と検索してみて、どんな案件があるかみてみましょう。Twitterで「#動画編集者募集」と調べてみるのもあり。

人気のあるジャンル、依頼金額の高いジャンルの目星がついたらそのジャンルのポートフォリオを作っていきます。

Youtubeにはどんなジャンルがあるの?

エンタメ系, Vlog系, 教育系, ゲーム実況系, 音楽系,

美容系, 料理系, アウトドア系, ペット系, ビジネス系,などなど

必殺1分ポートフォリオ集を作成!

ポートフォリオはいわば作例。動画編集を依頼するお客さんは、この作例を見て、発注するかどうかの判断材料にします。

ポートフォリオを作るなら、まずは案件探しから。需要がないジャンルのポートフォリオを作っても無駄になってしまいます。自分が作りたいものを作ればいいってものでもありません。

募集があるジャンルの中で、数が多いものや高単価なジャンルを選んだら、そのうち5ジャンルのポートフォリオを作ってみましょう。

動画の尺は1分で!

悩んでいる里原
悩んでいる里原

1分のポートフォリオ?

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

発注者は同時に複数のポートフォリオを見て、その中から発注する編集者を選んでいたりします。5分の動画を作っても全部見られることは少ないかもしれません。

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

なので、1ジャンルの尺は1分程度で充分だと思います。

それを5ジャンル分用意してしまいましょう。

受注経験のある先輩を味方につけておこう

動画編集の案件を受けた経験がある先輩を味方につけておくと安心です。いきなり仕事を受注するわけですから、わからないことが必ず出てきます。

ここでお客さんに、編集ソフトの使い方を質問するのは基本的にNG!

お客さんからしたら、「お金払ってるのになんで教える必要があるの?」と思われてしまいます。これは質問した方がいいのか迷った時に案件を受注した経験がある先輩がいると安心です。

先輩を見つける方法はSNSで探すのもありですが、基本的に向こうからDMが来たら注意。
副業界隈では初心者向けの詐欺っぽい行為が流行っていたりするので注意しましょう。初心者アカウントを作るとほぼ100%、DMが来ます【初心者アカ作って実験済み(笑)】

信頼できそうな先輩がいたら、思い切ってこちらから連絡してみるといいかもしれません。

クリエイターズジャパンのような買い切りで比較的良心的な価格のスクールもあるので、こういった高額でないスクールを利用して質問しまくるのもありです。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

ただし、独学でも動画編集は充分に習得できます。どうしても心細い方はこういったスクールを利用すると良いでしょう。

記事は随時更新していきます

ここまで途中ではありますが、一度公開設定にしようかと思います。

記事は随時更新をしていきますので、更新の際は改めてSNS等でお知らせができればと思います!

以降は下のような内容を追記できばと考えています。

【2ヶ月目】クラウドソーシング、SNSで編集案件を受注

【3~5ヶ月目】低単価案件でスキルをつけたら価格交渉or高単価案件にチャレンジ

タイトルとURLをコピーしました