【PremierePro】バラエティ風テロップの作り方を紹介

動画制作術
悩んでいる里原
悩んでいる里原

プレミアでバラエティ番組っぽいテロップが作りたい!!

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

それでは、PremierePro使用歴5年目の私が
バラエティ風のテロップの作り方をご紹介します。

バラエティ風テロップダウンロードし放題なら

バラエティ風のテロップやプリセットを色々試してみたい方はモーションエレメンツがおすすめです。
テロップの他にプロ並みのテンプレートやBGM、動画素材がダウンロードし放題です。

ぜひチェックしてみてください。

この記事ではテレビ番組やYouTubeでよく見るバラエティ風のテロップの制作例を紹介します。
文字の装飾は主にAdobe Premiere Proのエッセンシャルグラフィックパネル内で行います。

①テキストレイヤーを作成する

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

まずは好きなテキストツールで好きな文言を入力しましょう。

赤枠のテキストツールをクリックして文字を入力してください。

②ベースとなるフォントを選択する

悩んでいる里原
悩んでいる里原

バラエティ番組っぽいフォントがいいよね!

次にテロップのベースとなるフォントを選択してください。個人的なおすすめはヒラギノ角ゴ、ラノベPOP、たぬき油性マジック、鉄瓶フォントです。

今回はヒラギノ角ゴ StdNで作ってみます。

フォントはエッセンシャルグラフィックパネル内のテキストから変更することができます。

③テキストのカラーを変更する(グラデーションを適用する)

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

テキストの塗りを変更します。

今回はグラデーションカラーを適用してバラエティ感を演出してみます。

アピアランスの塗りを選択して塗りのタイプを線形グラデーションに設定します。

今回は勢いのある雰囲気にしたいので黄色とオレンジ寄りの赤のグラデーションにします。

これでベースとなるテキストができました。

④枠線とシャドウを追加する

悩んでいる里原
悩んでいる里原

枠線をつけたらよりバラエティっぽく、、、

ってなんか線がトゲトゲしておかしいよ!

ディレクターのサトハラ
ディレクターのサトハラ

これは枠線の設定によって起こる現象ですね。

グラフィックプロパティから設定変更することができます。

トゲトゲテロップの直し方については下の記事で詳しく解説しています。

枠線を追加したら、さらにシャドウを加えるとより立体感のあるテロップになります。

完成したテロップは文字を変更することで編集に使用できます。

もっとたくさんの種類のテロップ、プリセットを使いたい方はテレビ番組風のテロップテンプレートが多く揃ったモーションエレメンツがおすすめです。

テロップテンプレートを使えば、わざわざテロップを自作することもなく、時短&クオリティアップが見込めます。特に副業やフリーランスで動画編集をしている方はチェックしておいて損はないのでは?

無料で試すことのできるテンプレートもあるので、まだ使ったことがない方は試してみてはいかがでしょうか!

実際にテロップを作成したサンプルを添付します

参考までにサンプルファイルを貼り付けておきますね。

タイトルとURLをコピーしました